住宅購入の流れ

このページでは、知っておきたい新築一戸建て住宅購入の流れを紹介していきます。

新築一戸建て住宅購入の流れ

あこがれのマイホーム購入がいよいよ現実のものとなってきたら、その流れをしっかりと把握し、必要な心構えをしておかなくてはなりません。以下を確認してください。

1.家族内でよく話し合いを

購入後、長い年月に渡って生活の場となるマイホームです。まずは家族内で希望条件を出し合い、立地や間取り、価格などについて自由に話し合いましょう。

設備や使い勝手について意見を述べ合うことも大事ですが、子供の誕生/成長や、親との同居など、将来の家族構成についても充分に考えておくことが必要です。

2.資金計画を立てる

住宅購入にあたっては、住宅そのものの価格のほかに、税金や引っ越し費用などさまざまな経費がかかるものです。一括で支払える場合は問題ありませんが、ローンを組む場合は頭金として用意できる額、住宅ローンで借入できそうな額を合計し、大まかな予算を組んでください。

予算が見えてきたら、1.の話し合いで出し合った希望条件をもう一度見直し、優先順位をつけていきます。この段階で、より現実的なマイホームの姿が見えやすくなるはずです。

3.物件探し

希望エリアや大体の価格帯が決まったら、物件探しに移ります。なるべく多くのハウスメーカーや工務店の情報を収集し、現地見学会などにも積極的に足を運んでください。

営業マンの接客や住宅の性能、設計の自由度など、少しでも良い条件を満たす会社を選ぶために、努力することが大切です。

4.事務手続き

ハウスメーカーが決まり、契約を結んだら、施工前に充分話し合いを重ねていきます。

またこの段階で住宅ローンの申請、登記申請の準備を行う必要があります。いずれもハウスメーカーの担当者がサポートしてくれますので、指示に従いながら必要な書類などを揃え、手続きに臨みます。

5.引き渡し

マイホームが完成したら、引渡し前に施主立ち合いの元で最終チェックを行います。希望条件が反映されているか、設備や立て付けなどに問題はないか、詳細にチェックを。第三者機関のチェック体制を設けているハウスメーカーなら、より安心です。

その後晴れて入居となりますが、引っ越しや住民票の移動、そして光熱設備の開通などがスムーズに行えるよう、準備しておきましょう。

なおマイホーム購入計画が実現するまでにかかる時間は、人によりそれぞれです。特に1~3の部分にとらわれ過ぎると、どんどん時間が経ってしまうと考えておいてください。

ハウスメーカーが施工に着手してから、落成までにかかる期間は3~5ヶ月程度となっています(一般的な木造住宅の場合)。

満足度の高い一戸建てが揃うふじみ野市内の不動産会社厳選集

このサイトについて

※このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。