住宅ローンについて

このページでは、家を購入する際のローンについて、情報をまとめています。

家を購入する際のローン情報まとめ

「住宅は一生の買い物」というだけあり、まとまった金額が必要となります。一括で払えれば問題はないのですが、ほとんどの人がローンによる、分割支払を利用しています。

複数の選択肢から最適なものを選ぶ

ひと口に住宅ローンと言っても、さまざまな種類があります。

【住宅ローンの種類】

  • 民間融資…銀行のほか、生命保険会社や住宅ローン専門会社が提供するサービス。
  • 公的融資…都道府県や自治体が提供(自治体によっては、ない場合も)。
    また勤務先の財形貯蓄を1年以上継続し、50万円以上の残高がある場合、
    融資を受けられることもある。
  • フラット35…住宅金融支援機構と民間金融機関との連携で行われる。
    固定金利が特徴。

【金利の種類】

  • 固定金利型…返済期間中の金利が一定なため、計画的な返済が実現しやすい。
  • 変動金利型…市場に合わせ金利が変動するタイプ。
    スタート時の金利が低いのが魅力だが、先々で金利が高騰するリスクがある。
  • 固定期間選択型…借入後、一定期間の金利を固定するタイプ。
  • 期間終了後、新たに金利を設定できる。

【支払法の種類】

  • 元利均等払い…月々の返済額中の元金と金利の割合を変えることで、
    返済額を一定にしていく支払法(金利変動の場合は変化する)。
  • 元金均等払い…月々の返済額の中の元金の額を一定にする支払法。
    元金が着実に減少するため、利息も減少するので、支払額が減少していき、
    総支払額も100万円単位で抑制できる。

住宅ローン申請の際には、審査や手続きが必要となってきます。ハウスメーカーの担当者がサポートしてくれますので、よく情報収集し、最も支払いやすい方法を選ぶことが大切。

また10年以上のローンを組んでいる場合「住宅ローン控除」を受けられる可能性があるので、初年度は必ず確定申告を行ってください。

ローン返済を破綻させないために

せっかく念願のマイホームを購入したのに「ローン返済が滞り、やむなく手放さなければならない」というケースがあります。家族の健康や就業状況が原因の場合はやむを得ませんが、注意しなければならないのが、金利の変動によるローン破綻。「変動金利型住宅ローン」を選択したばかりに、返済が難しくなるというケースです。

変動金利型ローンは5年に1度返済額が見直され、返済額が上昇する場合は「前回の1.25%」までが上限とされます。数字だけ見ると「大したことはない」と感じられますが、実際には月々の支払いが1~2万円程度変動し、長期的には500万円以上の差額が生じる可能性もあります。

無理のない返済を実現するためにも、物件価格とローンタイプの決定は、慎重に行うようにしてください。

満足度の高い一戸建てが揃うふじみ野市内の不動産会社厳選集

このサイトについて

※このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。