その他の良くある質問

このページでは、新築一戸建て購入にまつわる、素朴な疑問や注意点を紹介しています。

新築一戸建て購入の注意点や疑問

新築一戸建てを購入するにあたっては、さまざまな注意点や疑問点が生じることになります。ハウスメーカーや工務店の担当者がサポートしてくれますので、必要以上に心配することはありませんが、事前に知識を深めておくに越したことはありません。ぜひ以下の内容をチェックしてくださいね。

営業をしつこくされない?

深く考えずにハウスメーカーへ問い合わせたところ、その後の営業攻勢にうんざり…、というケースはよくあります。相手も商売なので、ある程度までは仕方のないところですが、候補から外している会社にしつこくされたくはないですよね。事前に会社の情報を調べる際には、以下の点に気を付けておくと良いでしょう。

  • 複数の展示場を設置したり、派手な広告宣伝を打っている会社には、
    不用意に個人情報を渡さない。
  • 低価格キャンペーンを過剰に提示しているところは避ける。

大規模な広報活動を展開している会社は、それだけ宣伝費や人件費をかけているので、成果を上げるための営業も、執拗になりやすいようです。

実際の問い合わせや見学へ赴く前に、ホームページなどで「家づくりに対する姿勢」や「経営方針」を要確認。堅実な会社の情報をいくつか絞り込んでから、実際のコンタクトへ移るようにしましょう。

自由度の高い建売って?

新築の一戸建てを購入する際「注文住宅か建売住宅か」という選択肢にぶつかります。

注文住宅はイチから設計プランを考えられるため、施主のライフスタイルにピタリと合うマイホームの完成が目指せます。その分費用は嵩みますし、工期も長くなるでしょう。

対して建売住宅は、あらかじめ決められたプランを元に住宅を建てるため、費用も安く、工期も短くなります。また施工側は、ある程度決まったプランを再構築していくことになるため、作業が洗練され、引き渡し後の問題も発生しにくくなっています。

さらに近年の建売住宅は「自由度ゼロ」という欠点を克服しつつあります。内外観の装飾や設備に複数の選択肢を用意しているため、組み合わせにより他の家との差別化が図れますし、施主の理想とも折り合いがつけやすくなっています。また建材や構造の指定以外はフリープラン、という建売住宅を提供する会社もあるようですよ。

建売でもデザインの自由度をある程度保証してくれるハウスメーカーを、積極的に探すようにしてみてくださいね。

引渡し前のチェックって…

新築一戸建ては、引渡し前にチェックを行うのが理想。そこで不具合が発見されれば施工側の責任が明白ですので、修理を依頼できます。

とは言え大半の施主は、住宅建築に関しては素人です。希望が実現されているかチェックはできても、専門的な瑕疵の有無については、入居して不具合が生じるまで気付けないケースがほとんど。

そこでおすすめなのが、専門家を同伴してのチェックです。住宅会社が自主的に行う第三者チェックとは別に、一級建築士などに依頼することで、より客観的な検証が実現します。もちろん建売住宅の場合でも、引渡し前のチェックは重要。住宅会社との関係が悪くならないよう、事前に専門家を同伴する旨を伝えたうえで、現場に臨むようにしましょう。

満足度の高い一戸建てが揃うふじみ野市内の不動産会社厳選集

このサイトについて

※このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。