税金について

このページでは、住宅購入にまつわる税金について調査しています。

住宅購入に伴う税金

マイホームを実現すると、そこには必ず税金が伴ってくるものです。以下3つに大別して紹介しますので、住宅と税金の関係について、知識を深めるためにお役立てください。

購入の際

住宅購入の際には、以下の税金がかかります。

  • 印紙税…売買契約書/ローン契約書のそれぞれに、数万円単位で税金がかかります。
  • 登録免許税…登記手続きの際に必要な税金です。
    新築の場合は、法務局所定の「新築建物価格認定基準表」を基に評価額を計算。
    そこに0.4%の税率をかけた額となります。
  • 不動産取得税…不動産を取得したときに支払う税金。
    土地と建物それぞれにかかってきます。
    平成30年度までは、固定資産税評価額(課税標準)×3%の税率となっています。
  • 消費税…ハウスメーカーへ支払う金額に、消費税は加算されます。
    なお、土地購入は非課税となっています。

なお住宅購入にあたり親族から援助を受ける場合、その総額が年間110万円を超えると、贈与税がかかってくることも知っておきましょう。

居住の際

マイホームを所有し、そこに居住し続ける限り、以下の税金がかかります。

  • 固定資産税 …固定資産税評価額×1.4%(標準税率)/年
  • 都市計画税…固定資産税評価額×0.3%(制限税率上限)/年

上記の「固定資産税評価額」とは、市町村が土地や家屋など税額を決める公的な基準のこと。3年に1回更新されます。

これらふたつの税金は一括払い/分納(年4回)のいずれかを選択可能です。

売却の際

マイホームを手放す際にも、税金がかかってくることを知っておきましょう。

  • 譲渡取得税…売却額から諸経費を引いた金額にかかる税金。

とはいえ、売却額が3000万円に満たない場合は税金がかかりません。その旨をきちんと確定申告することを忘れないようにしてください。

満足度の高い一戸建てが揃うふじみ野市内の不動産会社厳選集

このサイトについて

※このサイトは個人が調べた内容を基に構成しています。最新の情報を知りたい方は、各公式サイトをご確認くださいますようお願いいたします。